HOME > luxe club > 雑誌撮影風景レポート

luxe club

ジャポニズムドレス 雑誌撮影風景レポート

white dress

black dress

"ペールメールは2008年より新しいコンセプト“JAPONISME(ジャポニズム)”をうちだし、日本の伝統文化をウェディングドレスへと昇華させるニューラインを展開しています。
このページでは、PELEMELEのポリシーを深く理解しドレスを共につくりあげてくれている協力アーティストや、ふだんは表舞台に登場することがなかなかないカメラマン、グラフィックデザイナー、スムーズに撮影が進行するよう機敏に動いてくれた若手スタッフたちと、『25ans ウェディング 2008 春夏号』掲載用のドレス広告の撮影風景を紹介します。

9:00 準備開始

この日撮影するのは、2着の新作ドレス。
AKIKOの “新しいジャポニズム” を表現するために、何度も打ち合わせを繰り返し、準備をすすめてきました。
空気の冷たい冬の朝、恵比寿のスタジオに集合し、仕事開始です。

フラワーアレンジメント

寒いエントランスでブーケをつくるのは、いつも笑顔のすてきな”Le sourire”の恒石小百合さん。新鮮な白い花々をあざやかな手つきでまとめていきます。大人の女性のかわいらしさ、スタイリッシュなジャポニズムを演出する蘭の花! 素敵なブーケをつくってくれました。

9:15 ホワイトドレス、ヘアメイク

愛さんは、サトルジャパン所属のモデルさん。
たくさんのモデルさんの中から、クールでキュートな「ジャポニズム」のイメージにぴったりな愛さんが選ばれました。
まずは1着目のホワイトドレス。paradiseのKensukeさんがヘアメイクをほどこします。ドレスのテーマにあわせた、可憐ななかにも芯の強さを感じさせるモダンなスタイリングです。
日頃、花嫁さんにヘアメイクをしているときとは一味違い、この日はトップアーティストとして、AKIKOのJAPONISME dressに挑むかのような真剣なまなざし(もちろんいつも真剣なんですけどね)。心地よい緊張感がただよいました。

10:30 ホワイトドレス、ステージへ

着物とドレス、着物の古典柄とドレス生地、和刺繍と西洋刺繍…。
西洋と東洋のすばらしい文化に私のイマジメーションがインスパイアされてできあがった“作品”です。

ホワイトドレス撮影

カメラマンの輿石さんがモデルの愛さんにアドバイスをしながら、いろいろな角度からきびきびと撮影しています。
音楽を選び、リラックスできる雰囲気作りを忘れないところはさすがプロ。
輿石さん独特の、クールでどこか非現実的な雰囲気のただようショットに、スタッフ一同感嘆の声をあげました。

14:30 ブラックドレス、ヘアメイク

本日の2着目、ブラックドレスのヘアメイクは、paradiseのTaroさんにお願いしました。なんと髪に飾られた3つの白い菊にもメイクをほどこし、微妙な色合いに調整します。
ドレスに用いられたモチーフや菊のリズムや色合いをヘアメイクにも連動させた、アーティスティックな作品に仕上がりました。
真剣なTaroさんのまなざしは、やはりトップスタイリストならではのもの。
プロの緊張感にまたまた感動してしまいました。

アクセサリー

AKIKOのドレスに寄り添い、コンセプトをより強く印象付けるのに欠かせないのがアクセサリー。
AKIKOが信頼を寄せるアクセサリーデザイナーRUTILE(ルチル)も同行し、話し合いながら最終調整。
RUTILEは、AKIKOプロデュースの小物ショップ「MITOMI_TO」(ミトミート)のチーフデザイナーとして、すべてのアクセサリーを企画デザインし、AKIKOとコラボレートしながら新しいデザインを創り続けています。

16:00 ブラックドレス撮影

いよいよブラックドレスの撮影です。
黒無地に黒柄を組み合わせ、華やかな京友禅の色柄を浮かび上がらせるデザイン。
素材、形態、工芸技術、リズム、伝統、色彩…。
洋と和の融合を巧みに演出する、AKIKOオリジナルのジャポニズム世界です。

18:30 撮影終了

当日、撮影がスムーズに進むよう機敏に動いてくれた、paradiseアシスタントのみなさん。
そして、穏やかに声を掛けながら、ドレスをセッティングしてくれたPELEMELEスタッフの山本。
みなさんにとって、1日がとても長く感じたことでしょう。
本当にお疲れ様でした。そして、心からありがとう!

グラフィックデザイン

輿石さんの写真を最大限に活かし、シンプルなグラフィックにまとめてくれたのは、空間デザイナーの長昌さんです。ブライダル誌『25ans ウェディング』の見開き2ページの紙面に一着ずつ、大胆に配置することで紙面に強いインパクトが生まれ、異彩を放っていました。

『25ans ウェディング 2008 春夏号』をぜひご覧ください。
書店にない場合は、お手数ですが書店または発行元に注文を。
インターネットでもお求めいただけます。

【staff list】

Dress Design : AKIKO(Pelemele)
Accessory Design : Rutile(Mito Mi_to)
Hair Make : Kensuke(Paradise) - white dress,
Taro(Paradise)- black dress
Flower Arrangement:Sayuri Tsuneishi(Le Sourire)
Photographer : Mayumi Koshiishi
Model : Megumi Shimoeda
Graphic Design(Advertisement) : Noriyasu Nagayoshi
Assistant coordinator : Yuka Yamamoto(Pelemele)

webpage writing : AKIKO(Pelemele) , Yuko Takenami(kotomomo)